粉末青汁のメリット・デメリット

No comments »

冷凍の青汁が発売されてから世の中で浸透したのが粉末の青汁です。冷凍青汁には熱に弱い栄養素まで豊富に取れるというメリットがあります。しかし味わいが苦手という人も多く、また保管場所がかさんでしまうこともあって、粉末の青汁を選ぶ人も増えました。水に溶かして飲みやすいようにすることもできますし、そのまま飲んでも構いません。そのため携帯するにも便利です。ニオイや味などにも癖がなく、青臭さが苦手な人にもストレス無く続けられます。これが粉末の大きなメリットでしょう。


<粉末青汁のデメリット>

加工する中で加熱を余儀なくされるため、熱によって失われてしまうビタミン類や水溶性食物繊維なども少なくはなくありません。栄養素を多く取り込むという点では、冷凍に勝るものはありません。しかし粉末には最小の形にできるメリットがありますので、失われる栄養素を計算して原料の量を配分しています。また他の栄養素をもつ原料をブレンドしやすいということもありますので、損失をカバーする工夫が加えられています。しょうがや乳酸菌など、様々な有用成分が一緒に摂取できるなどの新たなメリットを加えて提供しているものも人気です。家では冷凍を飲み、外出中は粉末という使い分けをしている人も見かけます。

青汁が広まったのはどうしてか

No comments »

1990年代に入るまで青汁を知っている人はほとんどいませんでした。九州地方では飲まれていましたが、全国で知られるようになったのはテレビ番組が原因でした。


<罰ゲームで飲まされた青汁>

青汁はテレビ番組の罰ゲームで飲まされたことで広く知られることになりました。多くの番組で罰ゲームに使われ日本中に知れ渡ったのですが、やがて健康にいいということで全国に販売が広がりました。テレビコマーシャルでまずいと表現したものが評判を呼んだことも広く知られる一因になりました。そうして広く飲まれ始めたのですが、やはり味は問題でした。テレビで先行した苦い、おいしくないというイメージもあり、なかなか味が受け入れられなかったのです。


<味の改善>

青汁がそれから味の改善にとりかかりました。ケールを使わないで大麦若葉などを中心にして飲みやすくしたり、はちみつを入れて苦味を抑えたりしました。飲み方もそのままだけでなく冷凍やフリーズドライ、錠剤が発売され、徐々に受け入れられてその味で飲まれるようになりました。広く飲まれるようになったのは、健康ブームの追い風もあったようです。今では飲み物としてだけでなく、料理の材料として使われたりしています。

青汁の原料であるケールについて

No comments »

ケールとは、最も代表的な青汁の原料として知られていますが、この植物はキャベツの原種としても知られています。


<見た目はキャベツ!でもその栄養は・・・>

見た目はほとんどキャベツと変わりませんが、キャベツのように葉っぱ同士が丸まって塊にならないのがケールの特徴です。味はとても苦く、好き嫌いのはっきりと分かれる食材という点が食材としてあまり家庭に出てこない理由でもあります。しかしながら、ケールの持っている栄養素はかなりのもので、健康を維持するには必要な栄養素ばかりを持っています。ですから近年ではケールの青汁のブームが到来している今、たくさんの種類が出回っている中でケールを素材とした青汁が人気になってきています。


<ニーズに合わせて飲みやすく改良>

最近では味の方も改善されつつあり、液状のタイプから粉のタイプ、粒のタイプなどニーズに合わせた飲み方ができるよう改善、改良がなされてきました。それでも独特の苦さでそのままでは飲めない、という方は様々なメーカーのホームページ等で飲みやすい飲み方などの方法を紹介していることが多いため拝見し試してみるのもいいでしょう。健康を保つために食材から生活を変えてみて、今よりも良い生活を送るためにもいい選択をしていく必要があるのだと実感させられました。

青汁でスムージーを作ってみよう

No comments »

最近、若い女性の間で人気になっているスムージーですが、青汁を使って作ることも出来るみたいですのでぜひ試してみたいとは思いませんか?
青汁は身体にも健康にも良いと言われているものですので、摂取した方がいつまでも健康に過ごせるのではないかと思うのですが、皆さんはどうでしょうか?
スムージーですから、比較的どなたでも飲むことが出来るかと思いますし、小さいお子さんでも美味しく飲めるのではないかと思いますので、この機会にぜひ試してみるのはどうでしょう。


ネットで青汁スムージーを検索してみよう

現在ではネットが充実していますので、青汁スムージーと検索しますと多々情報が出てきます。
その中からご自分の気になったものを真似てみるのも良いかと思いますよ。
丁寧な方ですとレシピを掲載して下さっていますので、分かりやすくて良いと思います。
色々なスムージーが出てきますので、きっと気に入ったものを見つけることが出来るかと思いますよ。


美味しく健康に

毎日摂取するものですから、やはり美味しくないと続けることはできませんよね。
ですので色々工夫をしていって飽きが来ないように続けていくことが大事になってくるかと思います。
美味しいものを飲んだり食べたりして、青汁を摂取できるなんて一石二鳥ですよね。
少しずつご自分やご家族の体を健康にしていきましょう!

関連情報・・・青汁の人気ランキング(http://www.futuresourceuk.com/)

青汁で免疫力をあげていこう

No comments »

皆さんが苦いとか美味しくないというイメージを持っている青汁ですが、実はとても頼もしいものなんです。
青汁には免疫力をあげてくれる成分が入っていますので、小さなお子さんに飲ませたりご年配の方に飲んでいただけたらと思います。
小さなお子さんとご年配の方は免疫力があまりなく低下しているので青汁を飲んで補っていただければと思います。
また、体の弱い方が飲まれるのも良いかと思いますよ。


青汁はイライラを改善してくれる

青汁は豊富なビタミンやミネラルが含まれていますので、イライラを改善してくれます。
最近になって些細なことでイライラすることが多くなった方や集中力が長続きしなくなってしまった方などにはぜひ飲んでいただきたいですね。
無理にとは言いませんが、飲むことで改善できるのならやっぱり嬉しいですよね。
野菜不足によるイライラでしたら青汁を改善していきましょう!


色々アレンジをしてみよう

そのままお水に溶かして飲むことに抵抗のある方は何かに混ぜてみたりお料理として活用されてみることをおすすめします。
他にもお菓子作りの際に少し混ぜてみますとか、色々工夫をしてみると楽しいかと思いますよ。
お子さんのいる方でしたら一緒に試してみるのも楽しいかと思います。
最近ではそういったレシピを紹介して下さっているブログなどがありますから、そちらを参考にされてみるのも良いかと思いますよ。

便秘ごときのために青汁を飲むなんてもったいなくない?

No comments »

青汁はその効果の割には非常に低価格で続けやすいのが魅力ですが、でも「便秘」のためだけに飲むかと考えると何だか高い気がしてしまいます。
もちろん本当に苦しんでいる人にとっては何よりも辛いものなのも分かります。苦しいというか気持ちが悪くなりますよね。便秘が原因でめまいを起こしたことさえあります。


青汁の効果はお通じが良くなるだけじゃない

青汁は食物繊維も豊富でお通じが良くなるのは事実ですが、食物繊維は諸刃の剣で便が硬い人にとっては余計便秘になりやすいそうなのです。
しかしきちんと水分と一緒に補給すると腸の中に残っている老廃物を絡め取って、腸内環境を整えてくれること間違いなしです。
そしてビタミンやカロチンなど健康のベースになる栄養素全般が豊富なので、綺麗になるのは腸内だけでなく肌や髪、目の色(白目の部分)が綺麗になるなどメリットがたくさんあります。


青・白のコンビで便秘知らず

これらの魅力をいかんなく発揮してもらうためには青汁ともう1つ。「白湯」と青汁のコンビこそが最強なのです。
(白湯とは沸騰させたお湯を適度に冷ましたもの。暖かいと感じつつ、ゴクゴク飲めるくらいの温度がポイント)
白湯は人の内臓にとって一番優しい温度だと言われています。適度に暖かくしてやることで内臓の動きも良くなり、青汁で摂った栄養の吸収率もグッとアップしますし、腸内に入って来た食物繊維も適度に柔らかくなります。

青汁は子供でも飲めるのか

No comments »

青汁はコップ一杯でサラダ大盛り3杯分くらいの栄養が取れると言われているので、野菜嫌いのお子さんがいるご家庭からも人気を集めていますが、やはりあの見るからに「野菜!」「緑!」という色合いのせいか見ただけで拒否反応を示すお子さんもいるようです。
そんな時にはどうしたらいいかを考えてみました。


青汁VS野菜嫌いな子供

青汁がいかに栄養価の高い物だといっても下手に加熱してしまうとせっかくの栄養素を壊してしまいかねないので、工夫しようにも限度があるのが現状です。
ですが、野菜大嫌いだというお子さんによっては「青汁なんか飲むくらいなら夕飯いらない」とまで言ってのける手ごわい子もいる模様。
これは世の中のお母さんが頭を抱えてしまうのも無理はないことかもしれませんね。


見た目と名前で何となく誤魔化す日々

それでも何とか成長期のうちにしっかり野菜を食べてもらいたいというお母さんたちの悲痛な願いを込めて、世の中には青汁を使った様々な料理やデザートのレシピが存在しています。
その1例を紹介すると「青汁プリン」というものがあります。市販の粉から作れるプリンの中に、牛乳と練乳やハチミツや黒蜜を入れて甘味を出して固めるというもの。
見た目の「緑!」が「やや緑」くらいのマイルドになり、「プリン」という名前につられて食べてくれるお子さんも多いようです。

健康のために青汁を飲もう

No comments »

現在の青汁は比較的飲みやすく改善されつつありますので、以前と比べて苦くないのではないかと思います。
健康にも良いとされていますので、ぜひいつまでも元気に過ごしたいと思っている方にはオススメですし野菜が不足している方にもおすすめです。
やっぱり出来るだけ元気に毎日過ごしたいですし、それが青汁を飲むことで保つことが出来るなら便利だと思いませんか?
もちろん、飲んでいれば必ず健康でいられるというわけではありませんが、少しずつ体も変化してくるのではないかと思いますよ。


お子さんでも安心して飲めます

今の青汁は飲みやすくなっていますので、お子さんでも飲めるのではないかと思いますしその業者によってはお子さん用の青汁を提供していたりもしますのでとても身近なものになってきているような気がしますね。
何かに混ぜてお子さんに飲ませて健康を守ることも良いかと思います。
ご家族で一緒に飲まれたりされるのも楽しいですし、健康につながりますから嬉しいですよね。
もちろん、一人暮らしをされている方にもおすすめです!


青汁を使ったレシピもあります

最近は青汁を使ったレシピを紹介しているサイトやブログなどがありますので、気になった方は一度覗かれてみるのが良いですよ。
もしかしたら、ご自宅で真似て作ることも出来るかと思いますので参考にしてみてはどうでしょうか。
飲むだけではなくて違う方法で摂取出来たら飽きずに続けることが出来ますから嬉しいですよね。
今日は何を混ぜてみようか、など色々試してみてはどうでしょうか?

青汁のイメージについてどう思う?

No comments »

青汁はやっぱり苦いとか美味しくないといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、皆さんはどう思いますでしょうか?
最近では青汁も比較的飲みやすく改善されてきていますので、飲みやすくなってきているかと思います。
今では小さなお子さんでも飲めるように苦味を出来るだけ和らげているみたいですので、今までの青汁が苦手だった方も飲めるかもしれません。


工夫して青汁を飲んでみよう

そのままお水に溶かして飲まれるのも良いですし、苦手な方は牛乳やヨーグルトに混ぜて摂取されるのもおすすめですね。
また、お蕎麦やクッキーの生地に練りこんでみたり天ぷらの液体の中に少し混ぜてみますとか色々工夫をして摂取されるのも良いかと思いますよ。
他にも色々なアレンジの仕方があるかと思いますので、ぜひネットなどで調べてみて下さればと思います。
今はレシピを紹介しているサイトもありますので、そちらを参考にして試されてみるのもお勧めですね。


野菜不足の方にも良い

青汁は色々なお野菜を配合していますので、栄養素が非常に高く体にとても良いと言われていますので健康を意識している方や野菜が不足している方にも良いとされています。
また、野菜嫌いの方が摂取すれば少し補う事が出来ますので良いですよね。
野菜嫌いのお子さんをお持ちの方は、青汁をお子さんのお好きなものに混ぜて摂取させてみますとか工夫をされてみるのも良いかと思いますよ。
健康志向の方にも本当にお勧めです。