冷凍の青汁が発売されてから世の中で浸透したのが粉末の青汁です。冷凍青汁には熱に弱い栄養素まで豊富に取れるというメリットがあります。しかし味わいが苦手という人も多く、また保管場所がかさんでしまうこともあって、粉末の青汁を選ぶ人も増えました。水に溶かして飲みやすいようにすることもできますし、そのまま飲んでも構いません。そのため携帯するにも便利です。ニオイや味などにも癖がなく、青臭さが苦手な人にもストレス無く続けられます。これが粉末の大きなメリットでしょう。


<粉末青汁のデメリット>

加工する中で加熱を余儀なくされるため、熱によって失われてしまうビタミン類や水溶性食物繊維なども少なくはなくありません。栄養素を多く取り込むという点では、冷凍に勝るものはありません。しかし粉末には最小の形にできるメリットがありますので、失われる栄養素を計算して原料の量を配分しています。また他の栄養素をもつ原料をブレンドしやすいということもありますので、損失をカバーする工夫が加えられています。しょうがや乳酸菌など、様々な有用成分が一緒に摂取できるなどの新たなメリットを加えて提供しているものも人気です。家では冷凍を飲み、外出中は粉末という使い分けをしている人も見かけます。