1990年代に入るまで青汁を知っている人はほとんどいませんでした。九州地方では飲まれていましたが、全国で知られるようになったのはテレビ番組が原因でした。


<罰ゲームで飲まされた青汁>

青汁はテレビ番組の罰ゲームで飲まされたことで広く知られることになりました。多くの番組で罰ゲームに使われ日本中に知れ渡ったのですが、やがて健康にいいということで全国に販売が広がりました。テレビコマーシャルでまずいと表現したものが評判を呼んだことも広く知られる一因になりました。そうして広く飲まれ始めたのですが、やはり味は問題でした。テレビで先行した苦い、おいしくないというイメージもあり、なかなか味が受け入れられなかったのです。


<味の改善>

青汁がそれから味の改善にとりかかりました。ケールを使わないで大麦若葉などを中心にして飲みやすくしたり、はちみつを入れて苦味を抑えたりしました。飲み方もそのままだけでなく冷凍やフリーズドライ、錠剤が発売され、徐々に受け入れられてその味で飲まれるようになりました。広く飲まれるようになったのは、健康ブームの追い風もあったようです。今では飲み物としてだけでなく、料理の材料として使われたりしています。