ケールとは、最も代表的な青汁の原料として知られていますが、この植物はキャベツの原種としても知られています。


<見た目はキャベツ!でもその栄養は・・・>

見た目はほとんどキャベツと変わりませんが、キャベツのように葉っぱ同士が丸まって塊にならないのがケールの特徴です。味はとても苦く、好き嫌いのはっきりと分かれる食材という点が食材としてあまり家庭に出てこない理由でもあります。しかしながら、ケールの持っている栄養素はかなりのもので、健康を維持するには必要な栄養素ばかりを持っています。ですから近年ではケールの青汁のブームが到来している今、たくさんの種類が出回っている中でケールを素材とした青汁が人気になってきています。


<ニーズに合わせて飲みやすく改良>

最近では味の方も改善されつつあり、液状のタイプから粉のタイプ、粒のタイプなどニーズに合わせた飲み方ができるよう改善、改良がなされてきました。それでも独特の苦さでそのままでは飲めない、という方は様々なメーカーのホームページ等で飲みやすい飲み方などの方法を紹介していることが多いため拝見し試してみるのもいいでしょう。健康を保つために食材から生活を変えてみて、今よりも良い生活を送るためにもいい選択をしていく必要があるのだと実感させられました。