青汁はコップ一杯でサラダ大盛り3杯分くらいの栄養が取れると言われているので、野菜嫌いのお子さんがいるご家庭からも人気を集めていますが、やはりあの見るからに「野菜!」「緑!」という色合いのせいか見ただけで拒否反応を示すお子さんもいるようです。
そんな時にはどうしたらいいかを考えてみました。


青汁VS野菜嫌いな子供

青汁がいかに栄養価の高い物だといっても下手に加熱してしまうとせっかくの栄養素を壊してしまいかねないので、工夫しようにも限度があるのが現状です。
ですが、野菜大嫌いだというお子さんによっては「青汁なんか飲むくらいなら夕飯いらない」とまで言ってのける手ごわい子もいる模様。
これは世の中のお母さんが頭を抱えてしまうのも無理はないことかもしれませんね。


見た目と名前で何となく誤魔化す日々

それでも何とか成長期のうちにしっかり野菜を食べてもらいたいというお母さんたちの悲痛な願いを込めて、世の中には青汁を使った様々な料理やデザートのレシピが存在しています。
その1例を紹介すると「青汁プリン」というものがあります。市販の粉から作れるプリンの中に、牛乳と練乳やハチミツや黒蜜を入れて甘味を出して固めるというもの。
見た目の「緑!」が「やや緑」くらいのマイルドになり、「プリン」という名前につられて食べてくれるお子さんも多いようです。